Power of Gifts ~ カラー&ラッピング、パステルアート Studio Lirio 

千葉県印西市にてパーソナルカラー、骨格診断、カラーセラピー、ラッピング、パステルアートなどの講座を開講しております。

Take a look at this

表面色と面色のお話~パーソナルカラー

  31, 2015 23:51
fcd72c2fedb4169d50e4fa9e3168db23_s.jpg  


こんにちは!Studio Lirio主宰 パーソナルカラーアナリスト かげみちこです


暖かく良いお天気でしたが、明日は下り坂のようですね。
昨日も皆さんがアップされている桜の写真を沢山拝見しました^^

いつもの公園は、やっと八分咲き...といったところです(^_-)


さて、空が青いのは「散乱現象」という光の現象によって見えているだけで、
実際には存在していない・・・
というお話を以前もブログに書かせていただきました。


少し専門的な色のお話になりますが・・・

ドイツの心理学者 D・カッツが提案した色の見え方の中に
「表面色」 「面色」というものがあります。

表面色・・・物体の表面を彩っている色の見え方のことで、
形、質感、距離感がはっきりとみえ堅さの印象もあります。

面色・・・・・物体がなく色そのものだけがあるような、
色しか認識できないような見え方をいいます。

 
雲一つない青空をみているような感じは「面色」の見え方と言えるでしょう。

遠くでもあり近くでもあるようで、空との距離感をはかることはできませんね。
空の形状もわかりませんし、手を伸ばすと突き抜けてしまいそうな奥行き感!
そして、どんな質感なのかもよくわかりません。


実は・・・パーソナルカラー診断では、これらの見え方と似た効果があるのが
「清色」を当てたときの見え方、「濁色」を当てたときの見え方です。

清色・・・・・純色(3原色とその3原色を混ぜてできる色)に白か黒を混ぜた色
濁色・・・・純色(3原色とその3原色を混ぜてできる色)にグレイ(白と黒)を混ぜた色

清色を当てると、表面色の見え方同様、すっきりした輪郭線の効果が出ます。
清色で囲まれた肌色は、色素をはっきりと感じさせツヤ感があるように感じられます。

一方、「濁色」はグレイという濁りのある色が混入することで「面色」的な見え方になります。
顔の輪郭は、清色のときとは逆にはっきりはしませんが、

輪郭も色素もぼやけて滑らかに見えるようになり、
その分立体感が感じられるようになります。

 

でもですね

診断にお越しいただく方は みなさま生身の人間でいらっしゃいます(^_-)
厳密に言わせて頂くなら、
単純にこれら2つのパターンにのみ大別されるというわけではありません。

多くの人が「似合う」(平均的に良い)と感じる調和感が
どの色領域にあるか・・・それをドレープを通しながら見極めてゆくのが
「パーソナルカラー診断」です





*+:。.。…。oо○゚+*:;;:**+:。.。…。oо○゚+*:;;:**+:。.。…。oо○゚+*:;;:**+:。.。 

「パーソナルカラー診断」 「ライン分析(骨格診断)」

自宅サロンにて、随時受付中です。
ご都合のよろしい時間をお問合せくださいませ。

ゆっくり時間をかけて診断 & コーディネートアドバイス (1日で終了します。)
お手元にいつでも見返せる「オリジナル診断カルテ」 がある方が安心

そのようなカラーコンサルティングをご希望の方には




お申込み&お問合せ   スケジュール   アクセス

Banner(Blog).png


みなさまのご連絡を心よりお待ち申し上げます。






FC2 Blog Ranking
クリックいただけると嬉しいです
  •   31, 2015 23:51
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment

スマートフォン解析 ブログパーツ