Power of Gifts ~ カラー&ラッピング、パステルアート Studio Lirio 

千葉県印西市にてパーソナルカラー、骨格診断、カラーセラピー、ラッピング、パステルアートなどの講座を開講しております。

Take a look at this

トーンの調和を意識すること

  09, 2015 23:42
oak2.jpg 

Instagram Follow welcome!

写真は、インスタにもアップしています



こんにちは!
千葉県印西市でカラー&ラッピング、パステルアートが学べる自宅スタジオ
〝Studio Lirio〟主宰 かげみちこです



インスタをはじめてから
便利なアプリも、何とか使えるようになりました(^^ゞ

上写真は、我が家の庭(南側)にある
スカーレットオーク

今日、雨上がりの曇り空の時に撮影

アプリのエフェクターを使い、
少し暖色よりの色味&鮮やかトーンに変えています

曇りの屋外の場合
色味は全体的にグレートーンで
今一つ鮮やかさに乏しくなりますので。。。



oak1.jpg



こちらは葉っぱを2枚だけ
ウッドデッキ上に並べてみました♪

こちらは、エフェクトなしです^^


同じ秋の赤、緑、橙、黄色でも
上写真とのトーンの違いが
お分かりいただけると思います。

トーンとは明度と彩度の複合された
〝色の調子〟のこと♪

色相・明度・彩度の3属性が
〝色の性格〟を表すなら、
その3属性でも表しきれない〝色の調子〟

色のイメージを伝えるために
重要なツールなのです。

ですので
カラーコーディネートの際には
単純に、何色と何色が調和する...とか考えると同時に
全体のイメージとして
色合いだけでなく
〝トーン〟の調和ということを意識してみると
コーディネートは、まとまりやすくなることもあります。

この理論は、ファッションだけでなく、
ラッピングにも使えます(^_-)

私は、お花や風景を撮ることも好きなのですが
自然界の生ものとの調和を考えた場合
濁りのない綺麗すぎる色では
不協和音がおきるのです(^^;


そんなことを考えながら
インスタの写真は作品(パステル画)の写真を
フレームに納めたり
正方形の背景にはめ込んだり...と
アプリを使っての
カラーコーディネートを楽しんでいます


というわけで
最近は、Pinterest の方がご無沙汰...
になってます(^^;









  •   09, 2015 23:42
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment

スマートフォン解析 ブログパーツ