Power of Gifts ~ カラー&ラッピング、パステルアート Studio Lirio 

千葉県印西市にてパーソナルカラー、骨格診断、カラーセラピー、ラッピング、パステルアートなどの講座を開講しております。

Take a look at this

北総の小江戸めぐり

  03, 2013 18:12
SA3aa.jpg 


こんにちは!Studio Lirio かげみちこです

昨日は、以前より一度訪れてみたかった香取市(佐原の町)を散策してきました。

〝北総の小江戸〟ともいわれ、かつて利根川水運の中継基地として反映
往時の面影を残す土蔵造りの商家、千本格子の町家が建ち並び
小江戸の情緒が漂っていました。


P1130208a.jpg 


お洒落な街灯をみつけました。
脇についているのは、お祭りの三車♪ (これは、後にわかりました(^^ゞ)
名工の手により大人形や精巧な彫刻などの山車飾りは、
「水郷佐原山車会館」に展示されていました。

こちらを見る限りでは、「まるで切り絵のよう・・・」と思いましたが
佐原の粋がみてとれます



SA2aa.jpg



観光名所「伊能忠敬の旧宅」へと向かいましたが、残念ながら(震災後の)
修復工事中で中には入れませんでした  が
すぐ近くの記念館では、忠敬の人生を年代順に追いながらその偉業の数々を
拝見することができました。
HPはこちらです
     http://www.city.katori.lg.jp/museum/index.html



SA1aa.jpg



「伊能忠敬といえば・・・日本を測量して歩き地図をつくった人」と思っておりましたが
事業家として成功した後、49歳で隠居、50歳のときに江戸に出て
天文・暦学を修めた方でした。
 その後きっかけをつかんで地図作りを始め、17年かけて日本全土を測量し、はじめて
実測による日本地図を作成するという壮挙を成し遂げました。
(写真は撮れませんでしたが)
このような器具で?と測量器具にも不思議なもの、変わったものがあり面白いと思いました。

いまの世の中の関心をよんで静かなブームとなっているのは、
隠居後に在職中を遥かに上回る偉業を成し遂げた故でしょうか 



P1130228.jpg 
大日本沿海輿地全図(東京国立博物館蔵)
「伊能忠敬記念館」パンフより<(_ _)>



日本地図の歴史や、楽しい世界の地図を紹介している「地図の世界」のコーナーは、
ずっと見ていても楽しく、興味深いものがありました。

地図は、今も昔も100%余すことなく全てを網羅しているわけではないことがわかります。
その時代や考え方、宗教観、目的により形を変えて描かれているのですね。

描かれた地図にどんな意味があるのか?
その色んな意味を探ってみるのも、きっと面白いかもしれません



FC2 Blog Ranking
クリックいただけると嬉しいです
  •   03, 2013 18:12
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment

スマートフォン解析 ブログパーツ